群馬クレインサンダーズは18日、野口夏来と双方合意のもと契約を解除したと発表した。

 福岡県出身で現在24歳の同選手は、203センチ85キロのパワーフォワード兼センター。2019年に専修大学から群馬に加入し、今シーズンは13試合の出場で23得点(平均1.8得点)8リバウンド(同0.6リバウンド)をマークしていた。

 野口は退団に際し、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「まず初めにシーズン途中にこのような報告となりますこと、お詫び申し上げます。プロとして活動していく中で自分自身の未熟さや実力不足を痛感することも多く、このタイミングとなりましたが今回の決断をさせていただきました。突然の申し出に真剣に向き合い意見を尊重してくれた会社には感謝しています。

 チームは離れますが、サンダーズのB2優勝、B1昇格の目標を今後も応援していきますので、皆さまも引き続き群馬クレインサンダーズを応援お願いします。

 最後になりますが、プロとしてのキャリアをスタートし約2年間お世話になったクラブ、そしてチームと自分を応援して下さったブースターの皆さまに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました」