越谷アルファーズは24日、選手1名が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 陽性判定を受けた選手は、20・21日に行われた群馬クレインサンダーズ戦に出場。22日までは平熱だったが、23日の朝に38.6度と高熱が出たため、PCR検査を受けた結果、陽性と判定されたという。現在も発熱などの症状が継続しており、保健所の指示のもと自宅待機をしているとのこと。また、複数名の選手が発熱しているため、外出自粛と健康観察を行っているという。

 陽性判定を受けた選手が先週行われた試合に出場したこともあり、群馬の選手・関係者を含めて濃厚接触者を調査しているといい、次戦以降は保健所の調査の結果を受け、エントリー可能な選手・スタッフが規定数に達した場合は予定どおり開催するとしている。