大阪エヴェッサは3日、翌4日におおきにアリーナで行われる予定だった横浜ビー・コルセアーズ戦を中止にすることを発表した。

 同クラブは3日に所属の選手1名(以下「選手A」)が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受け、当該選手以外の選手とチームスタッフ全員がPCR検査を受検した結果、新たに選手1名(以下「選手B」)が陽性判定を受けたことを発表。濃厚接触者については管轄の保健所により引き続き調査中ではあるが、今般の感染者増加の影響からか時間を要しており、4日の試合までの調査完了が見込めない状況のため、中止を決定した。


3月29日、チーム練習参加 B.LEAGUE統一検査結果受検、結果全員陰性
3月30日、チーム練習参加
3月31日、チーム活動オフ
4月1日、チーム練習参加
4月2日、選手Aの陽性判定を受けチーム練習中止、選手・スタッフ全員PCR検査を受検
夜 PCR検査結果 陽性判定 体温36.7度 症状なし
4月3日、体温37.1度 症状なし

■中止理由
「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条第3項第3号およびBリーグ規約第55条第2項第3号」による試合中止