4月18日(現地時間17日、日付は以下同)。ユタ・ジャズのオールスターガード、ドノバン・ミッチェルが右足首捻挫のため、数試合を欠場することになると『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

 ミッチェルは17日に行なわれたインディアナ・ペイサーズ戦の第3クォーターに同箇所を負傷し、ロッカールームへ下がっていた。とはいえ、18日のMRI検査の結果、右足首の構造上における損傷はなかったため、長期離脱を回避できたことは朗報と言っていいだろう。

 キャリア4年目の今季、ミッチェルは53試合の出場で平均26.4得点4.4リバウンド5.2アシストを記録し、リーグトップの戦績を誇るジャズをけん引。4月は9試合で平均30.0得点をマークしていた。