5月5日(現地時間4日、日付は以下同)。NBAは4月における月間最優秀コーチ賞を発表した。

 イースタン・カンファレンスではワシントン・ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ/通算6度目)、ウェスタン・カンファレンスではデンバー・ナゲッツのマイケル・マローンHC(初)が選ばれた。

 2018年2月以来、約3年ぶりの同賞受賞となったブルックスHCは、ウィザーズをイースト2位となる12勝5敗へと導き、プレーイン・トーナメント進出に向けて大きく前進。

 一方のマローンHCは、通算8シーズン目にして初受賞。4月中旬にジャマール・マレーが今季絶望となる中、ナゲッツはリーグベストの13勝3敗という好戦績を残した。