越谷アルファーズは24日、松山駿と2021−22シーズンの契約を結んだと発表した。

 福井県出身で現在24歳の同選手は、175センチ73キロのポイントガード。富山大学在学中に特別指定選手として富山グラウジーズへ入団した。2020年2月末からはファイティングイーグルス名古屋に期限付き移籍をし、正式契約となった今シーズンは、レギュラーシーズンでは53試合の出場で482得点(平均9.1得点)207アシスト(同3.9アシスト)を記録した。

 松山はチームの公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「初めまして! この度、ファイティングイーグルス名古屋から移籍してきました松山駿です。まずは、自分にこのような機会を与えてくださった球団関係者の皆様に感謝申し上げます。そして、2021-22シーズンを越谷アルファーズでブースターの皆さんとともに戦えることをうれしく思います!『B2優勝B1昇格』するために日々ハードワークし、少しでも多くの勝利に貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします!また会場でお会いしましょう!」