7月25日、3x3バスケットボールは予選プール2日目が青海アーバンスポーツパークで開催。第2試合で女子日本代表がフランス代表と対戦した。

 序盤はフランス代表に先行される形となった日本。しかし、篠崎澪(富士通レッドウェーブ)の2ポイントや西岡里紗(三菱電機コアラーズ)の連続得点などで粘り強く追走し、残り3分19秒には馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)が2ポイントをきめて10−9と逆転に成功する。

 その後は 山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)も2ポイント沈めるなどしてリードを拡大。与えられたフリースローも西岡や馬瓜が着実に沈め、最終スコア19−15で日本が大会3勝目を挙げた。

 個人スタッツを振り返ると、馬瓜、篠崎、西岡ががそろって5得点、山本も4得点をマークして勝利に貢献。5月末に行われた「FIBA 3×3 バスケットボール オリンピック予選」(OQT)で敗れたフランスにリベンジを果たすことに成功した。

■試合結果
日本 19−15 フランス