8月31日(現地時間30日、日付は以下同)。『Hoops Hype』はNBA全30チームで、最も在籍期間が長い選手たちを公開した。

 ここ17シーズン、NBAでプレーする選手たちの平均年齢は26歳。NBAは選手のキャリアが平均5年前後と、入れ替わりが激しいのだが、なかでも1つのチームでプレーし続けることはレアケースと言っていい。

 ここでは、イースタン・カンファレンスに所属する15チームの最古参選手たちを見ていこう。
※所属は日本時間9月1日終了時点、シーズン中の移籍加入も1シーズン所属とする、掲載はフランチャイズ名のアルファベット順

■『Hoops Hype』による最も在籍期間の長い選手たち(イースト編)
【アトランタ・ホークス】
ジョン・コリンズ:5年目(2017−18シーズン〜)

【ボストン・セルティックス】
マーカス・スマート:8年目(2014−15シーズン〜)

【ブルックリン・ネッツ】
ジョー・ハリス:6年目(2016−17シーズン〜)

【シャーロット・ホーネッツ】
マイルズ・ブリッジズ:4年目(2018−19シーズン〜)

【シカゴ・ブルズ】
ザック・ラヴィーン:5年目(2017−18シーズン〜)

【クリーブランド・キャバリアーズ】
ケビン・ラブ:8年目(2014−15シーズン〜)

【デトロイト・ピストンズ】
セコウ・デュンブーヤ:3年目(2019−20シーズン〜)

【インディアナ・ペイサーズ】
マイルズ・ターナー:7年目(2015−16シーズン〜)

【マイアミ・ヒート】
ユドニス・ハズレム:19年目(2003−04シーズン〜)

【ミルウォーキー・バックス】
ヤニス・アデトクンボ:9年目(2013−14シーズン〜)
クリス・ミドルトン:9年目(2013−14シーズン〜)

【ニューヨーク・ニックス】
ケビン・ノックス:4年目(2018−19シーズン〜)
ミッチェル・ロビンソン:4年目(2018−19シーズン〜)

【オーランド・マジック】
テレンス・ロス:6年目(2016−17シーズン〜)

【フィラデルフィア・セブンティシクサーズ】
ジョエル・エンビード:6年目(2016−17シーズン〜)
※14−15、15−16シーズンはケガのため全休

【トロント・ラプターズ】
パスカル・シアカム:6年目(2016−17シーズン〜)

【ワシントン・ウィザーズ】
ブラッドリー・ビール:10年目(2012−13シーズン〜)

◆トップ3はリーグ最長のハズレム、10年目のビール、9年目のバックスデュオ

 1位のハズレムはリーグトップとなる19シーズン目。ドラフト外からヒートへ入団し、計3度全ての優勝に貢献してきた。キャリア19年目は、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニーと並んで現役最長タイである。

 続いて2位にはウィザーズ一筋のビールがランクイン。シューターからスコアラー、そしてオールラウンダーへと進化しており、直近2シーズンでイーストベストの平均得点を残しており、いずれも平均30得点をクリアしている。

 3位タイは昨季の覇者バックス。13年にアデトクンボがドラフト指名、その後ミドルトンがピストンズからトレードで加入し、強力なコアへと成長。加入当時はリーグ下位に低迷していたバックスをプレーオフチーム、さらにはプレーオフで勝てるチームへと押し上げ、念願のNBAチャンピオンとなった。

 そのほかでは、今夏セルティックスと延長契約を結んだスマート、キャブズのラブ、マジックでシックスマンを務めるロス、シクサーズの大黒柱エンビードやラプターズで主力を務めるシアカムらが名を連ねている。