フリーエージェントとなっていたクイン・クックが、ポートランド・トレイルブレイザーズと無保証契約を結んだようだ。『The Athletic』が報じている。

 デューク大学出身で現在28歳の同選手は、185センチ82キロのガード。2015年にNBADリーグ(現Gリーグ)のカントン・チャージへ入団し、2017年2月にダラス・マーベリックスでNBAデビューを果たした。

 その後ニューオーリンズ・ペリカンズとゴールデンステイト・ウォリアーズを渡り歩き、2019年からはロサンゼルス・レイカーズでプレー。だが、昨シーズン途中にウェイブ(解雇)され、クリーブランド・キャバリアーズと10日間契約を締結し7試合に出場していた。

 クックは先日、古巣であるウォリアーズのワークアウトへ参加すると報じられていたが、ブレイザーズとの契約を選んだ形となった。