アースフレンズ東京Zは24日、山ノ内勇登と2021−22シーズンの特別指定選手契約が基本合意に至ったと発表した。

福島県出身で現在18歳の山ノ内は207センチ104キロのパワーフォワード。アメリカの中学と高校でプレーし、2021年7月にはU19日本代表として「FIBA U19ワールドカップ」に出場した。同クラブで経験を積み、NCAAディビジョン1の大学へ入学を目指す。

同選手は今回の発表に際し、以下のようにコメントしている。

「東京Zのファンの皆さま、こんにちは。ヤマノウチユウトです。東京Zで素晴らしいチームメートとウーゴヘッドコーチ指揮のもとプレーできることが楽しみです。アメリカの高校でバスケットをしていまして、今年ラトビアで開催されたアンダー19のワールドカップにて日本代表に選ばれたことは光栄でした。ここで、いつも私を支えてくれている家族や友達に感謝の気持ちを伝えたいです。日々選手として自分を成長させ、自分が持つ力を最大限発揮してチームに貢献したいと思っています」

【動画】山ノ内勇登選手からブースターにメッセージ