10月22日にB2リーグ第4節第2戦が各地で行われた。

 ライジングゼファー福岡が千曲市戸倉体育館で信州ブレイブウォリアーズに快勝し、シーズン開幕からの連勝を「8」に伸ばした。43−43の同点で後半に突入すると、小林大祐とエリック・ジェイコブセンを中心にたたみ掛け、第3クォーターを27−12と圧倒。第4クォーターも主導権を保ち、94−73で試合を制した。

 秋田ノーザンハピネッツは三沢市国際交流スポーツセンターで青森ワッツとの2戦目を制し、無敗を維持。65−63で迎えた試合終了残り6秒にカディーム・コールビーがシュートを沈め、リードを4点に拡大。同4秒に永山雄太に3ポイントを決められ1点差となるが、その後の時間を切りぬけ、最終スコア67−66で8つ目の白星を挙げた。

 名古屋市千種スポーツセンターでアースフレンズ東京Zとの2戦目に臨んだFイーグルス名古屋が、4試合ぶりに勝利を手にした。55−54で迎えた第3クォーター残り1分23秒に、福澤晃平がバスケットカウントで3点プレーに成功。終了間際には成田正弘がシュートを沈め60−54とすると、リードを守りぬき88−76で勝ちきった。

 広島ドラゴンフライズは高松市総合体育館で香川ファイブアローズを下し、前日の雪辱を果たした。54−60と6点ビハインドの試合終了2分52秒に、クリント・チャップマンの3ポイントで詰め寄ると、その後ウェンデル・ホワイトの7本のフリースローなどで得点を積みあげ逆転。68−65でクロスゲームに終止符を打った。

【B2リーグ 10月22日 試合結果】
香川ファイブアローズ 65−68 広島ドラゴンフライズ
福島ファイヤーボンズ 83−70 バンビシャス奈良
Fイーグルス名古屋 88−76 アースフレンズ東京Z
青森ワッツ 66−67 秋田ノーザンハピネッツ
仙台89ERS 76−60 岩手ビッグブルズ
山形ワイヴァンズ 63−72 群馬クレインサンダーズ
金沢武士団 81−73 茨城ロボッツ
信州ブレイブウォリアーズ 73−94 ライジングゼファー福岡

■B2リーグ順位(第4節終了時点)
【東地区】
1位:秋田ノーザンハピネッツ(8勝0敗)
2位:福島ファイヤーボンズ(6勝2敗)
3位:仙台89ERS(4勝4敗)
4位:山形ワイヴァンズ(3勝5敗)
5位:岩手ビッグブルズ(2勝6敗)
6位:青森ワッツ(0勝8敗)

【中地区】
1位:群馬クレインサンダーズ(5勝3敗)
2位:金沢武士団(5勝3敗)
3位:Fイーグルス名古屋(4勝4敗)
4位:信州ブレイブウォリアーズ(4勝4敗)
5位:茨城ロボッツ(3勝5敗)
6位:アースフレンズ東京Z(3勝5敗)

【西地区】
1位:ライジングゼファー福岡(8勝0敗)
2位:愛媛オレンジバイキングス(6勝2敗)
3位:広島ドラゴンフライズ(5勝3敗)
4位:熊本ヴォルターズ(3勝5敗)
5位:香川ファイブアローズ(2勝6敗)
6位:バンビシャス奈良(1勝7敗)