10月20日から22日にかけて、Wリーグ第3節が各地で行われた。

 北海道立北見体育センターでデンソーアイリスと戦ったトヨタ自動車アンテロープスは、1勝1敗と星を分け合った。21日の第1戦は、フィールドゴール成功率が自軍の37.1パーセントに対し53.7パーセントと差をつけられ、61−76で敗戦。しかし、22日の第2戦は、オーバータイムにもつれこむ激戦を81−78で勝ちきった。

 三菱電機コアラーズは、愛知県体育館で富士通レッドウェーブを相手に2連勝を飾った。クロスゲームとなった第2戦では、74−74の同点で迎えた試合終了残り1秒に、ドライブを仕掛けた川井麻衣がレイアップを沈め、勝利を決定づけた。

 JX-ENEOSサンフラワーズは、タクミアリーナにて日立ハイテククーガーズを危なげなく連破。シーズン開幕から無敗の6連勝を達成した。

■Wリーグ第3節試合結果
【10月20日】
東京羽田ヴィッキーズ 83−69 新潟アルビレックス BBラビッツ

【10月21日】
デンソーアイリス 76−61 トヨタ自動車アンテロープス
山梨クィーンビーズ 72−78 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
JX-ENEOSサンフラワーズ 102−40 日立ハイテククーガーズ
東京羽田ヴィッキーズ 73−62 新潟アルビレックス BBラビッツ
シャンソン化粧品シャンソンVマジック 76−65 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
三菱電機コアラーズ 70−63 富士通レッドウェーブ

【10月22日】
トヨタ自動車アンテロープス 81−78 デンソーアイリス
山梨クィーンビーズ 67−82 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
トヨタ紡織サンシャインラビッツ 69−62 シャンソン化粧品シャンソンVマジック
日立ハイテククーガーズ 45−86 JX-ENEOSサンフラワーズ
三菱電機コアラーズ 76−74 富士通レッドウェーブ

■第3節終了時点
6勝0敗:JX-ENEOS
5勝1敗:トヨタ自動車
4勝2敗:デンソー、シャンソン、富士通、三菱電機
3勝3敗:日立ハイテク
2勝4敗:トヨタ紡織、東京羽田、アイシンAW
0勝6敗:新潟、山梨