10月12日(現地時間11日、日付は以下同)。フィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移籍志願していたベン・シモンズの状況について『ESPN』が進展を報じた。

 同メディアによると、シクサーズのフロント陣ならびにドック・リバースHC(ヘッドコーチ)と、シモンズの代理人で『Klutch Sports』のCEO(最高経営責任者)でもあるリッチ・ポールとの話し合いにより、早ければ今週中にもシモンズがチームへ復帰する方向へ進んでいるという。

 シモンズは8月下旬にシクサーズへトレード志願して以降、チーム関係者とは会っていないことから、近いうちにミーティングの場を設ける可能性があるようだ。12日にシモンズがフィラデルフィアに到着したと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じており、現在は新型コロナウイルスの検査を受けているようだ。

 シクサーズはシモンズからの決別宣言を受け、約1か月半に渡ってトレード先を模索していたが、結局オールスターガードのトレードは成立せず、シモンズ不在のまま今シーズンを迎える様相となっていた。

 シモンズ不在の間、シクサーズはプレシーズンでタイリース・マキシー、シェイク・ミルトンを先発ポイントガードとして起用して2勝1敗。17日にプレシーズン最後となるデトロイト・ピストンズ戦が控えており、21日にニューオーリンズ・ペリカンズとのレギュラーシーズン開幕戦が組まれている。

 このチームにはジョエル・エンビード、トバイアス・ハリス、セス・カリー、ダニー・グリーンといった実力者がおり、昨季イースタン・カンファレンス1位の戦績を残していただけに、シモンズが再びチームへ合流できるのであれば、依然としてリーグ屈指の戦力を有するチームとなりそうだ。

【動画】シモンズの昨季ベストプレー集!