10月13日(現地時間12日、日付は以下同)。ロサンゼルス・レイカーズはセコウ・ドゥンブーヤと2ウェイ契約を結んだことを発表した。

 これにより、レイカーズはジョエル・アヤイとドゥンブーヤを2ウェイ契約下に置くこととなった。アヤイはゴンザガ大学出身のガードで、ドゥンブーヤは203センチ104キロのフォワード。いずれもフランス国籍の若手である。

 ドゥンブーヤは2019年のドラフト1巡目15位でデトロイト・ピストンズから指名され、昨季までの2シーズンで計94試合(うち先発は30試合)に出場して平均17.3分5.6得点2.8リバウンドを記録。

 今年9月5日にジャリル・オカフォー(現無所属)と共にディアンドレ・ジョーダン(現レイカーズ)とのトレードでブルックリン・ネッツへ移籍後、10月7日にヒューストン・ロケッツへ再びトレードされたものの、翌8日にウェイブ(解雇)されていた。

 ショットの精度などまだまだ発展途上ながら、20歳とまだ若く、経験豊富なベテランが多数そろうレイカーズでプレーすることで、貴重な経験を積むことができるだろう。

【動画】ドゥンブーヤの昨季ハイライト!