10月16日(現地時間15日、日付は以下同)。フィラデルフィア・セブンティシクサーズはデトロイト・ピストンズとのプレシーズン最終戦に臨み、108−112で敗れたことでプレシーズンを2勝2敗で終えた。

 今夏にトレードを要求し、チームとの決別宣言から一転、フィラデルフィアへ到着したベン・シモンズは、新型コロナウイルスのプロトコルから解放されてピストンズ戦でプレーできる資格を手にしていたのだが、コートに立つことはなかった。

 シモンズはトレーニングキャンプに参加しておらず、プレシーズンも4試合すべて欠場となったのだが、チーム側はその理由についてコンディション調整と公表。

 昨季までこのチームで4シーズンをプレーしていたとはいえ、今季はまだチームとしてプレーできていないことから、シモンズのパフォーマンスは未知数な部分があると言えるだろう。

 21日のニューオーリンズ・ペリカンズとのレギュラーシーズン開幕戦まで、まだ時間は残されているものの、どれだけコンディションを整えることができるのかは気になるところ。

 はたして、211センチの超大型ポイントガードは開幕戦からコートに立ってプレーできるのか。この男が加わることで、シクサーズは優勝候補の一角へ浮上するだけに、今後の動向に注目していきたい。

【動画】シモンズのキャリアベスト25プレー!