10月16日より第23回Wリーグが開幕した。東京オリンピックや女子アジアカップに出場した選手をはじめ、それぞれが頂点を目指して挑む新シーズン。バスケットボールキングでは全13チームの注目選手にインタビューを行った。

 第22回はデンソーアイリスの髙田真希。東京オリンピックでは日本代表のキャプテンとして、またポイントゲッターとして、チームを準優勝に導いた。デンソーでは昨シーズン、セミファイナルで接戦の末に敗れて3位となっているだけに、髙田にとっても、今シーズンに懸ける思いは強い。

◆昨シーズンを経て「わずかな自信と手応えを感じました」

――まず、3位となった昨シーズンの感想をお願いします。
髙田 新しいヘッドコーチを迎えましたが、(新型コロナウイルスの影響で)ヘッドコーチの合流が遅れたこともあり、開幕してからも難しいシーズンでした。

 前半戦はうまくいかない試合が多々あって、フラストレーションを感じながらの戦いでした。それでも、練習をしていく中で少しずつ良くなり、後半戦ではヘッドコーチの求めるバスケットを理解しながら動くことが少しはできたかなと思います。

 最後は悔しい思いで終わったのですが、ヘッドコーチの求めていることをしっかり自分たちが表現できれば、もっと勝てるのではないかというわずかな自信や手応えを感じました。

――今シーズン、髙田選手のチーム内での役割は変わらないですか?
髙田 プレーに関しては今までと変わらず、オフェンスでもディフェンスでもコンスタントに結果を残していくことが役割だと思っています。

 プレー以外では、リーダーシップをとることが大切になると感じています。ヘッドコーチが求めていることの細かいところまで意図をくんで、理解できていない選手に伝えていきたいです。たくさんのことを経験していろんなことを理解しているつもりなので、それをチームに落とし込んでいけたら。そこが昨シーズンはできていなかったので、プレーはもちろん、それ以外でも自分自身の役割を果たしていきたいです。

――マリーナ・マルコヴィッチHCで2年目、昨シーズンよりレベルアップできている感覚はありますか?
髙田 マリーナのバスケットをしっかりできれば、自信につながると思っています。だけど、それをできるだけの力があるのか?と言われれば、まだ足りない。気持ちの面、ボールへの執着心など、足りていないところはたくさんあるので、強い気持ちを持って取り組んでいきたいです。

――今シーズンのチームカラーは?
髙田 スローガンが『味わおう最高の時間』なのですが、これを掲げて3年目になります。今シーズンもその気持ちを持ちながら、見てくれる人たちが「今日来て良かったな」と感じたり、来る前からのワクワク感や終わった後の余韻だったり、最高の時間を一緒に味わうことができるように、表現していきたいと思っています。

 勝ち負けはもちろん大事ではありますが、仮に負けたとしても「あのプレーよかったよね」など、見てくれる人が楽しんでもらえるプレーをすれば、それが最高の時間につながるのではないかと。泥臭く、ひたむきなプレーをもっと見せていきたいです。

※デンソーアイリスの初戦は10月23日。シャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦[@高崎アリーナ]

 

「食器は料理の着物である」
 焼き肉が大好きな髙田は、「食べることに関しては昔から好きだし、興味があります」と語るように、SNSでも『食』に関しての発信を多くしている。その髙田が「最近、すごく興味があります」というのが“食器”だ。

『食器は料理の着物である』と発したのは美食家として知られる北大路魯山人だが、「好きな作家さんがいて、奇抜なデザインというか、作品がすごくオシャレなんです。それを見てから、いろんな器に興味を持ち始めました」と髙田は興味を持った理由を語る。お気に入りの作家以外にも、気になった食器があれば裏を見るなど、その探究心は尽きないようだ。

 また、以前から日本代表の遠征などで海外に行った際には、スターバックスでご当地マグカップやマグネットを集めており、「収集癖があるのかもしれませんね。海外では、なかなか行けない場所に行くこともあったので、記念に残るものを買いたいなと思っていて。ちょうど友達がマグネット集めてたので、私も集めはじめるようになりました」と言う。スターバックスのマグカップは50個以上。マグネットも100個近くあるそうだ。

取材・文=田島早苗