■名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 広島ドラゴンフライズ(@パークアリーナ小牧)
11月10日19時5分

 早くも今シーズン2度目の対戦。西地区5位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズが、同4位の広島ドラゴンフライズをホームで迎え撃つ。

 名古屋DはB1最多の平均91.9得点が示すようにオフェンスが好調の一方で、ディフェンスで安定感を欠く。天皇杯3次ラウンドの信州ブレイブウォリアーズ戦とリーグ戦を合わせた直近5戦で、90失点以上は4度数える。リバウンドが取れずに、セカンドチャンスを与えたこともその要因の一つだろう。それでも齋藤拓実やレイ・パークスジュニアらが前線から圧力をかけて得点につなげる力はあるだけに、ハーフコートのディフェンスを整備していきたい。

 対する広島は前節、島根スサノオマジックとの中国地方ダービーに敗れてリーグ戦の連敗が「3」に。第2戦ではキャリアハイとなる25得点を挙げた寺嶋良を筆頭に6人が2ケタ得点をマークし、延長戦まで食らいついたが、島根に113失点。第1戦も102失点だっただけに、まずは失点を減らしたいところ。ディフェンスはもちろん、攻撃で相手のプレッシャーを受けてミスを招かないような連係も勝利へのカギとなるだろう。

 両チームは第2節に対戦し、1勝1敗。名古屋Dは接戦に持ち込みながらも、辻直人に27得点を許したことが痛かった。今節はチームで防ぎつつ、前回は合流間もなかったパークスジュニアの好守にも期待したい。

 一方、広島は前回の敗戦時にターンオーバーを18も犯し、そこから22失点。名古屋Dのディフェンスを突破し攻撃を組み立てられるか。

文=大橋裕之

■ロスター
・名古屋D(HC:ショーン・デニス)
小林遥太
レイ・パークスジュニア
齋藤拓実
伊藤達哉
コティ・クラーク
菊池真人
張本天傑
須田侑太郎
中東泰斗
ワース・スミス
中務敏宏
シェーン・ウィティングトン ※インジュアリーリスト
狩野祐介
スコット・エサトン

・広島(HC:カイル・ミリング)
寺嶋良
トーマス・ケネディ
朝山正悟
辻直人
青木保憲
アイザイア・マーフィー
船生誠也
グレゴリー・エチェニケ
チャールズ・ジャクソン
柳川幹也
ニック・メイヨ