■滋賀レイクスターズ vs 島根スサノオマジック(@ウカルちゃんアリーナ)
11月10日19時15分

 B1屈指の攻撃的なチームに変ぼうした西地区6位の滋賀レイクスターズと、同2位の島根スサノオマジックが激突する。

 滋賀の平均得点はリーグ4位の88.1得点。リーグ戦では川崎ブレイブサンダース、千葉ジェッツに敗れて3連敗中だが、堅守からテンポの速い攻撃を仕掛けて好ゲームを演じている。特に多彩なディフェンスが特長で、前節千葉との第2戦は1人が富樫勇樹を密着マークし、他の4人がゾーンディフェンスを敷く戦術で接戦に持ち込んだ。また、司令塔のキーファー・ラベナが27得点10アシストでチームをけん引した姿も、今シーズンの特長と言える。

 一方、島根の平均得点はリーグ2位の91.8得点。前節、広島ドラゴンフライズとの「中国ダービー」を制し、リーグ戦は3戦連続で100点ゲームを記録した。ペリン・ビュフォードらを負傷で欠きながらも、両日ともにリード・トラビスが得点とリバウンドでチームハイを挙げたほか、安藤誓哉は第1戦で16アシスト、金丸晃輔は3ポイントシュートで第2戦を決定づけた。島根は先発に出場時間が偏りがちだが、途中出場で北川弘のスピードを生かしたプレーや、白濱僚祐の好守が光る姿も見逃せない。

 今節の見どころは、滋賀のディフェンスと島根のオフェンスだ。滋賀はゾーンとマンツーマンディフェンスを織り交ぜて相手のペースを乱すだけに、リーグ屈指の攻撃陣を誇る島根に対してどのような対策を見せるか。

 対する島根は、得点力のある選手がそろうだけに、人とボールを動かしてチームで難敵を攻略したい。中2日の試合で主力の疲労も濃いだけに、ウィリアムス ニカや小阪彰久の活躍も必要不可欠だ。

文=大橋裕之

■ロスター
・滋賀(HC:ルイス・ギル)
オヴィ・ソコ
澁田怜音
小澤智将
今川友哲
柏倉哲平
キーファー・ラベナ
野本大智
トビンマーカス海舟
ノヴァー・ガドソン
林翔太郎
ショーン・オマラ
森山修斗
川真田紘也

・島根(HC:ポール・ヘナレ)
後藤翔平
ペリン・ビュフォード
安藤誓哉
ニック・ケイ
山下泰弘
北川弘
リード・トラビス
阿部諒
金丸晃輔
白濱僚祐
小阪彰久
ウィリアムスニカ