日本バスケットボール協会(JBA)は17日、12月23日から29日にかけて東京体育館と駒沢オリンピック公園運動場体育館で開催される「SoftBank ウインターカップ2021 令和3年度 第74回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の男子組み合わせを発表した。

 今大会は前回に引き続き、60チームが参戦する。各都道府県から代表1チームを選出するほか、インターハイ優勝・準優勝チームが所属する都道府県からもう1チームを選出。また、全国9ブロックの優勝(関東は準優勝も含む)都道府県から1チームを選出し、開催地枠を1枠推薦する。

 抽選の結果、前回優勝校の仙台大学附属明成(宮城県)が左下のブロックに入り、津工業(三重県)と北陸(福井県)の勝者と対戦する。前回準優勝の東山(京都府)は國學院大學久我山(東京)と1回戦で対戦。今年のインターハイ王者の中部大学第一(愛知県)は左上のブロックに入り、高岡第一(富山県)と洛南(京都府)の勝者と激突する。
 
 1回戦・2回戦の組み合わせは以下のとおり。

■1回戦対戦カード(12月23・24日)
高岡第一高校(富山県)vs洛南高校(京都府)
習志野市立習志野高校(千葉県)vs広島皆実高校(広島県)
福岡大学附属大濠高校(福岡県)vs開志国際高校(新潟県)
実践学園高校(東京都)vs駒澤大学附属苫小牧高校(北海道)
佐賀北高校(佐賀県)vs光泉カトリック高校(滋賀県)
正智深谷高校(埼玉県)vs神戸村野工業高校(兵庫県)
美来工科高校(沖縄県)vs東海大学附属諏訪高校(長野県)
金沢高校(石川県)vs奈良育英高校(奈良県)
尽誠学園高校(香川県)vs一関工業高校(岩手県)
豊田大谷高校(愛知県)vs明徳義塾高校(高知県)
松江西高校(島根県)vs富田高校(岐阜県)
西海学園高校(長崎県)vs呉港高校(広島県)
桐生第一高校(群馬県)vs関西高校(岡山県)
津工業高校(三重県)vs北陸高校(福井県)
高知中央高校(高知県)vs北越高校(新潟県)
城東高校(徳島県)vs別府溝部学園高校(大分県)
宇都宮工業高校(栃木県)vsれいめい高校(鹿児島県)
日川高校(山梨県)vs松山学院高校(愛媛県)
和歌山南陵高校(和歌山県)vs福島東稜高校(福島県)
東山高校(京都府)vs國學院大學久我山高校(東京都)
鳥取城北高校(鳥取県)vs前橋育英高校(群馬県)
浜松開誠館高校(静岡県)vs羽黒高校(山形県)
東北高校(宮城県)vs八王子学園八王子高校(東京都)
豊浦高校(山口県)vs小林高校(宮崎県)
大阪桐蔭高校(大阪府)vs桐光学園高校(神奈川県)
土浦日本大学高校(茨城県)vs九州学院高校(熊本県)
能代科学技術高校(秋田県)vs桜丘高校(愛知県)
八戸学院光星高校(青森県)vs白樺学園高校(北海道)

■2回戦から登場
中部大学第一高校(愛知県)
帝京長岡高校(新潟県)
福岡第一高校(福岡県)
仙台大学附属明成高校(宮城県)