インターハイで初優勝を遂げた中部大学第一高校(愛知県)を筆頭に、実力チームがそろう「ウインターカップ2021」では、混戦が予想される。ここでは、4つのブロックごとに展望していく。

 第1シードを獲得した中部大第一は、体の強さがあり、リバウンドでの貢献も大きい田中流嘉洲(3年)をはじめ、オールラウンダーの福田健人(3年)などガードからセンターまで得点力の高い選手がそろう。全国優勝の経験がチームにはプラスに働いており、走力を生かしたバスケットで冬の日本一を狙う。

 しかし、この左上ブロックは大混戦。岩下准平(3年)を筆頭にタレントがそろう福岡大学附属大濠高校(福岡県)、近畿覇者の洛南高校(京都府)に開志国際高校(新潟県)、インターハイベスト8で高いチーム力に定評のある東海大学付属諏訪高校(長野県)、点取り屋の新井翔太(3年)を擁する実践学園高校(東京都)など実力派がズラリとそろう。中部大第一といえどベスト4への道のりは険しいものとなるだろう。また、福大大濠と開志国際は、1回戦で対戦。要注目の試合となる。

 前回大会覇者の仙台大学附属明成高校(宮城県)は左下ブロックに。前回大会でも主力を担った山﨑一渉(3年)と、昨年のケガから復帰した菅野ブルース(3年)とのU19日本代表コンビを中心にスタメンの平均身長が190センチを超える大型チームで連覇を目指す。初戦となる2回戦は、北陸高校(福井県)と津工業高校(三重県)との勝者と対戦。北陸が勝てば前回大会の準決勝の再戦となり、その時は苦戦を強いられているだけに、初戦から気の抜けない戦いとなるだろう。また、豊田大谷高校(愛知県)、富田高校(岐阜県)、関西高校(岡山県)の初出場3チームの戦いにも期待が高まる。

 右上ブロックには、ウインターカップ福岡県予選で福大大濠を破った福岡第一高校が第3シードを獲得。佐藤涼成(3年)と轟琉維(2年)の超速ガードコンビがチームをけん引し、ハードなディフェンスもチームの持ち味。今年はインターハイ出場を逃しているだけに、冬の全国で大暴れしそうだ。

 対抗馬はインターハイベスト8の前橋育英高校(群馬県)や前回大会準優勝の東山高校(京都府)ら。33年ぶりの出場となった北越高校(新潟県)や夏に続いて初出場となる和歌山南陵(和歌山県)らの戦いぶりにも注目だ。

 右下ブロックは第2シードでインターハイ準優勝の帝京長岡高校(新潟県)が有力か。島倉欧佑ら3年生を中心に、40分間タフに戦い続けるスタイルで初優勝を目指す。

 帝京長岡がやや抜けている感もあるが、激戦の静岡県を制して初出場を決めた浜松開誠館高校や地元・東京都代表の八王子学園八王子高校、神奈川県代表の桐光学園高校など、どのチームにもこのブロックを勝ち上がるチャンスはある。また、能代西との統合により能代工業から改名した能代科学技術高校(秋田県)は、チームにとって新たな歴史のスタートとなる。

 優勝予想が困難な男子は、左上ブロックの福大大濠と開志国際との対戦のように、1回戦から目が離せない戦いが続くことになる。12月23日の開幕が待ち遠しい。

文=田島早苗

【動画】ウインターカップ2021 熱冬カメラ  仙台大明成

ウインターカップ2021 熱冬カメラ Powered by ZTE 出場校紹介動画(男子・宮城県代表 予選大会1位 仙台大明成)