12月23日、「SoftBank ウインターカップ2021 令和3年度 第74回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開幕し、女子1回戦の28試合が東京体育館、駒沢オリンピック公園運動場体育館で行われた。

 女子の部は、聖カタリナ学園高校(愛媛県)が試合終了間際に逆転し県立津幡高校(石川県)に勝利。昭和学院高校(千葉県)も高知中央高校(高知県)に残り1秒で逆転勝ちと、ともにドラマチックな開幕戦となった。八雲学園高校(東京都)は一時18点のビハインドを背負うも巻き返し、白星を挙げた。また、初出場の大分高校(大分県)、京都両洋高校(京都府)らも2回戦に駒を進めた。

 24日に行われる2回戦からはシード校が登場。桜花学園高校(愛知県)は日本航空高校(山梨県)、大阪薫英女学院高校(大阪府)は札幌山の手高校(北海道)、京都精華学園高校(京都府)と慶進高校(山口県)、岐阜女子高校(岐阜県)は和歌山信愛高校(和歌山県)とそれぞれ対戦する。

 そのほかの結果、2回戦の対戦カードは以下の通り。

■女子1回戦結果
県立徳山商工高校(山口県) 53−88 明星学園高校(東京都)
近江兄弟社高校(滋賀県) 72−92 龍谷富山高校(富山県)
大阪桐蔭高校(大阪府) 66−68 八雲学園高校(東京都)
聖カタリナ学園高校(愛媛県) 65−64 県立津幡高校(石川県)
れいめい高校(鹿児島県) 81−96 松徳学院高校(島根県)
県立西原高校(沖縄県) 53−81 県立足羽高校(福井県)
昭和学院高校(千葉県) 75−74 高知中央高校(高知県)
倉敷翠松高校(岡山県) 96−66 英明高校(香川県)
昌平高校(埼玉県) 45−84 県立小林高校(宮崎県)
県立熊本商業高校(熊本県) 58−59 柴田学園高校(青森県)
県立広島皆実高校(広島県) 62−83 白鷗大学足利高校(栃木県)
鎮西学院高校(長崎県) 52−64 前橋市立前橋高校(群馬県)
大分高校(大分県) 75−73 福島東稜高校(福島県)
明秀学園日立高校(茨城県) 81−38 佐久長聖高校(長野県)
県立山形中央高校(山形県) 64−75 鳥取城北高校(鳥取県)
福岡大学附属若葉高校(福岡県) 59−55 奈良文化高校(奈良県)
星槎国際高校湘南(神奈川県) 66−71 県立新潟中央高校(新潟県)
聖和学園高校(宮城県) 59−80 安城学園高校(愛知県)
開志国際高校(新潟県) 81−57 県立岐阜商業高校(岐阜県)
四日市メリノール学院高校(三重県) 48−70 東京成徳大学高校(東京都)
旭川藤星高校(北海道) 52−88 日本航空高校(山梨県)
札幌山の手高校(北海道) 98−52 柏市立柏高校(千葉県)
慶進高校(山口県) 90−87 県立富岡東高校(徳島県)
県立佐賀北高校(佐賀県) 80−90 和歌山信愛高校(和歌山県)
県立秋田北高校(秋田県) 78−90 京都両洋高校(京都府)
東海大学付属福岡高校(福岡県) 86−56 仙台大学附属明成高校(宮城県)
浜松開誠館高校(静岡県) 87−55 三田松聖高校(兵庫県)
盛岡白百合高校(岩手県) 70−77 県立岡豊高校(高知県)

■女子2回戦対戦カード
松徳学院高校(島根県) vs 明星学園高校(東京都)
聖カタリナ学園高校(愛媛県) vs 八雲学園高校(東京都)
京都精華学園高校(京都府)vs 慶進高校(山口県)
龍谷富山高校(富山県) vs 県立足羽高校(福井県)
白鷗大学足利高校(栃木県) vs 前橋市立前橋高校(群馬県)
昭和学院高校(千葉県)vs 倉敷翠松高校(岡山県)
桜花学園高校(愛知県) vs 日本航空高校(山梨県)
和歌山信愛高校(和歌山県) vs 岐阜女子高校(岐阜県)
大分高校(大分県)vs 明秀学園日立高校(茨城県)
札幌山の手高校(北海道) vs 大阪薫英女学院高校(大阪府)
鳥取城北高校(鳥取県) vs 福岡大学附属若葉高校(福岡県)
京都両洋高校(京都府) vs 東海大学付属福岡高校(福岡県)
県立小林高校(宮崎県) vs 柴田学園高校(青森県)
県立新潟中央高校(新潟県) vs 安城学園高校(愛知県)
開志国際高校(新潟県) vs 東京成徳大学高校(東京都)
浜松開誠館高校(静岡県) vs 県立岡豊高校(高知県)