三遠ネオフェニックスは23日、津屋一球が今月19日の大阪エヴェッサ戦で負傷し、右足関節外側靭帯損傷で全治約3週間と診断されたと発表した。

 青森県出身で現在23歳の同選手は、190センチ92キロのシューティングガード。洛南高校から東海大学を経て2020−21シーズン途中に三遠へ入団した。在籍2年目の今シーズンは、7試合の先発を含む21試合の出場で123得点(平均5.9得点)24アシスト(同1.1アシスト)を記録している。

 三遠は現在3勝18敗で西地区10位。今週末はアウェーでシーホース三河と対戦する。