■大阪エヴェッサ vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@おおきにアリーナ舞洲)
12月29日19時5分

 バイウィークが明けてからオフェンスが好調の大阪エヴェッサが、ディフェンスで連勝を伸ばす名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦する。

 西地区6位の大阪は、12月に入って攻撃が上向いてきた。今シーズンの1試合平均は80.1得点だが、今月6勝を挙げた試合は同88.2得点。得点ランキング3位の司令塔、ディージェイ・ニュービルだけでなく、新加入のデイビッド・ドブラスがリバウンドで安定感をもたらしているのが要因と言える。さらに前節、川崎ブレイブサンダース戦では特別指定選手の高島紳司が23得点を挙げて勝利へ貢献しており、若手の活躍も光っている。

 一方、名古屋Dは7連勝で西地区2位へ浮上したが、その原動力はディフェンスにある。直近7戦で平均失点は65.3と堅守を発揮。特にプレスディフェンスが機能し、ガード陣と外国籍選手がボールを奪ってからトランジションオフェンスで畳み掛ける攻防は破壊力がある。前節、京都ハンナリーズとの第2戦ではチームで11本のスティールを奪い、ディフェンスから勝利を引き寄せた。

 今節の見どころは、大阪の攻撃が名古屋Dの防御を突破できるか。ニュービルや合田怜らガード陣がプレッシャーを回避して、チームで得点を重ねていきたいところ。移籍後初の古巣戦となる木下誠の活躍も期待される。

 対する名古屋Dは、ニュービルとマッチアップが予想されるパークスジュニアと中東泰斗が粘り強く守れるか。また、相手に速攻を出させないようリバウンドで競り勝つこともポイントになるだろう。

文=大橋裕之

■ロスター
・大阪(HC:天日謙作)
青木龍史
エリエット・ドンリー
ジャワラジョセフ
デイビッド・ドブラス
ザック・モーア
中村浩陸
橋本拓哉 ※インジュアリーリスト
竹内譲次
合田怜
カイル・ハント
ディージェイ・ニュービル
木下誠
アイラ・ブラウン
ペリー・エリス ※インジュアリーリスト

・名古屋D(HC:ショーン・デニス)
ロバート・ドジャー
小林遥太
レイ・パークスジュニア
齋藤拓実
伊藤達哉
コティ・クラーク
菊池真人
張本天傑
須田侑太郎
中東泰斗
中務敏宏
シェーン・ウィティングトン ※インジュアリーリスト
狩野祐介
スコット・エサトン