12月29日、各地でB1リーグの第14節が開催され、計11試合が行われた。

 レバンガ北海道はホームで群馬クレインサンダーズと対戦。接戦の続いたこのカードは、第4クォーター最初の2分で北海道が8−0のランに成功。終盤は群馬のファウルを引き出し、フリースローをきっちりと決めた北海道が106−96で勝利を収めた。この試合、ショーン・ロングが44得点10リバウンドと驚異的なスタッツを残している。

 アルバルク東京はホームに宇都宮ブレックスを迎えての試合。A東京は前半で得た9点のリードを後半で徐々に詰められるが、セバスチャン・サイズが第4クォーター残り約1分で貴重な2点を追加。スコアを65−62に持ち込み、最後はジョーダン・テイラーがフリースローを沈めて69−66で宇都宮を下した。

 横浜ビー・コルセアーズはアウェーで新潟アルビレックスBBと対戦。横浜は森川正明の3ポイントシュートで前半を50−34で折り返すと、後半でもリードを保ちながら試合を展開。危なげない試合運びを見せた横浜が86−75で白星を獲得した。

 島根スサノオマジックはホームでシーホース三河と対戦。安藤誓哉が前半終了間際に3ポイントシュートを沈めて53−32と19点のリードを獲得し、後半でも積極的なオフェンスを披露する。第3クォーターには点差を詰められる場面があったものの、島根が92−78と逃げ切って勝利している。

 そのほか、29日の試合結果は以下の通り。

■12月29日の試合結果 ※左がホームチーム
レバンガ北海道 106−96 群馬クレインサンダーズ
秋田ノーザンハピネッツ 72−52 サンロッカーズ渋谷
千葉ジェッツ 105−64 富山グラウジーズ
茨城ロボッツ 65−104 川崎ブレイブサンダース
アルバルク東京 69−66 宇都宮ブレックス
新潟アルビレックスBB 75−86 横浜ビー・コルセアーズ
信州ブレイブウォリアーズ 98−69 京都ハンナリーズ
三遠ネオフェニックス 69−101 琉球ゴールデンキングス
大阪エヴェッサ 84−108 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
広島ドラゴンフライズ 92−67 滋賀レイクスターズ
島根スサノオマジック 92−78 シーホース三河

【動画】北海道のロングが群馬戦で44得点と大暴れ!