12月31日(現地時間30日)、NBAでは3試合が開催された。本来は4試合が予定されていたものの、リーグが定める新型コロナウイルスの安全衛生プロトコルにより、1試合が延期となった。

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズはブルックリン・ネッツと敵地で対戦。ケビン・デュラントに33得点、ジェームズ・ハーデンに33得点14リバウンド10アシストと、ネッツの二枚看板に活躍を許したシクサーズ。しかし、終盤の勝負所でジョエル・エンビードやタイリース・マクシーが存在感を示し、110−102で接戦を制した。シクサーズはエンビードが34得点7リバウンド、マクシーが25得点7リバウンドを挙げ、3連勝を飾った。

 ミルウォーキー・バックスはオーランド・マジックと敵地で対戦した。バックスはヤニス・アデトクンボが33得点12リバウンドを挙げると、ドリュー・ホリデーが25得点7アシスト、クリス・ミドルトンが22得点6アシストと主力が活躍。そこにデマーカス・カズンズなどが続き、計7選手が2ケタ得点をマークしたバックスは、136−118でマジックを撃破し、5連勝とした。

 八村塁が所属するワシントン・ウィザーズは、クリーブランド・キャバリアーズとホームで対戦。7点リードで迎えた第3クォーターにキャブスを突き放し、ウィザーズが110−93で勝利を収めた。ブラッドリー・ビールが29得点6リバウンド10アシスト、カイル・クーズマが25得点10リバウンドとチームをけん引した。

■12月23日試合結果 ※左側がホームチーム
デンバー・ナゲッツ − ゴールデンステイト・ウォリアーズ ※延期
ブルックリン・ネッツ 102−110 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
オーランド・マジック 118−136 ミルウォーキー・バックス
ワシントン・ウィザーズ 110−93 クリーブランド・キャバリアーズ

【動画】大黒柱が躍動し、ネッツを撃破! エンビードのハイライト