1月6日(現地時間5日)、NBAのレギュラーシーズン11試合が各地で開催された。

 年明け前から4連敗となっていたサンアントニオ・スパーズはアウェーでボストン・セルティックスと対戦。デジャンテ・マレーが復帰後初の試合ながら22得点9リバウンド12得点とトリプルダブル級の活躍を見せると、最後はセルティックスのラストシュートを守り切り99−97で連敗をストップした。

 ブルックリン・ネッツは敵地でインディアナ・ペイサーズと対戦し、カイリー・アービングが今シーズン初出場を果たした。ネッツはケビン・デュラントが39得点8リバウンド7アシスト、アービングが22得点、ジェームズ・ハーデンが18得点とビッグ3が躍動し、129−121で白星を獲得している。

 球団のレジェンド、ダーク・ノビツキーの永久欠番セレモニーが同日に行われたダラス・マーベリックスは、ホームでゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦。絶対に負けられない試合となったマブスはルカ・ドンチッチが26得点でチームをけん引し、ほか3名も2ケタ得点をマーク。ウォリアーズの外が不調だったこともあり、99−82でマブスが式典を勝利で飾った。

 西地区4位のユタ・ジャズは敵地で同7位のデンバー・ナゲッツと対戦。第3クォーターでリードを掴んだジャズがその後も主導権を握り、115−109でナゲッツを下している。この試合、ジャズのボーヤン・ボグダノビッチは3ポイントシュート1本の成功にとどまるも36得点13リバウンドと驚異的なスタッツを残した。

 そのほか、本日の試合結果は以下の通り。

■試合結果 ※左側がホームチーム
シャーロット・ホーネッツ 140−111 デトロイト・ピストンズ
オーランド・マジック 106−116 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
ワシントン・ウィザーズ 111−114 ヒューストン・ロケッツ
ボストン・セルティックス 97−99 サンアントニオ・スパーズ
インディアナ・ペイサーズ 121−129 ブルックリン・ネッツ
ダラス・マーベリックス 99−82 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
ミルウォーキー・バックス 111−117 トロント・ラプターズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ 98−90 オクラホマシティ・サンダー
デンバー・ナゲッツ 109−115 ユタ・ジャズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ 109−115 マイアミ・ヒート
サクラメント・キングス 102−108 アトランタ・ホークス

【動画】復帰戦ながらキレキレの動きを見せたカイリーが22得点!