1月7日(現地時間6日、日付は以下同)。NBAは2月にオハイオ州クリーブランドで開催されるNBAオールスターゲーム2022のファン投票途中経過第一弾を発表した。

 昨年12月26日からスタートしたファン投票の途中経過第一弾で、リーグトップに立ったのはゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーで258万4623票。

 続いてブルックリン・ネッツのケビン・デュラントが236万435票、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが214万5835票、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが201万8725票と、計4選手が200万票を超える結果に。

 ここからは、ファン投票の途中経過第一弾でイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスのガード部門とフロントコート部門でそれぞれトップ5に入った選手たちを紹介していこう。なお、ファン投票の途中経過第二弾は1月14日に発表予定となっている。
※チーム名は略称

◆NBAオールスター2022 ファン投票途中経過第一弾

■イースタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.デマー・デローザン(ブルズ):148万7598票
2.ジェームズ・ハーデン(ネッツ):89万2065票
3.トレイ・ヤング(ホークス):86万2878票
4.ザック・ラヴィーン(ブルズ):77万6043票
5.ラメロ・ボール(ホーネッツ):42万2247票

【フロントコート部門】
1.ケビン・デュラント(ネッツ):236万435票
2.ヤニス・アデトクンボ(バックス):214万5835票
3.ジョエル・エンビード(シクサーズ):123万6060票
4.ジェイソン・テイタム(セルティックス):64万3970票
5.ジミー・バトラー(ヒート):52万2513票

■ウェスタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.ステフィン・カリー(ウォリアーズ):258万4623票
2.ルカ・ドンチッチ(マブス):78万7690票
3.ジャ・モラント(グリズリーズ):66万9033票
4.クレイ・トンプソン(ウォリアーズ):36万7743票
5.デビン・ブッカー(サンズ):33万8526票

【フロントコート部門】
1.レブロン・ジェームズ(レイカーズ):201万8725票
2.ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ):164万9809票
3.ポール・ジョージ(クリッパーズ):107万2591票
4.アンドリュー・ウィギンズ(ウォリアーズ):93万3355票
5.ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ):69万1423票

【動画】158試合連続で3ポイント成功というNBA新記録を樹立したカリーのハイライト!