1月10日(現地時間9日、日付は以下同)、NBAのレギュラーシーズン10試合が各地で行われた。

 ブルックリン・ネッツはサンアントニオ・スパーズとホームで対戦した。オーバータイムへともつれる激闘となるが、キャム・トーマスの決勝点が試合終了間際に決まり、121−119でネッツが勝利。ケビン・デュラントが28得点6アシスト3ブロック、ジェームズ・ハーデンが26得点12アシストをマークした。

 ワシントン・ウィザーズはオーランド・マジックと敵地で対戦。この試合で八村塁が今シーズンのデビューを飾ると、カイル・クーズマが27得点22リバウンドと躍動し、102−100でウィザーズが勝利を飾った。八村はベンチから14分9秒出場し、力強いダンクを含む6得点3リバウンド1アシストを挙げた。

 ミネソタ・ティンバーウルブズとヒューストン・ロケッツの試合は得点の奪い合いとなる。カール・アンソニー・タウンズが40得点9リバウンド7アシストと存在感を見せると、ディアンジェロ・ラッセルが22得点10アシスト、ジャレッド・バンダービルトが21得点19リバウンドをマーク。ウルブズが141−123で勝利し、4連勝とした。

 ダラス・マーベリックスはシカゴ・ブルズとホームで対戦した。ルカ・ドンチッチが22得点14リバウンド14アシストとオールラウンドに活躍すると、さらに5選手が2ケタ得点をマーク。113−99でブルズを破り、マブスが6連勝を飾った。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズはクリーブランド・キャバリアーズとホームで対戦した。過去2シーズンを全休していたクレイ・トンプソンが、この試合でついに復帰を果たすと、スターターとして約19分出場し、3本の3ポイントを含む17得点3リバウンド1アシストをマーク。さらに、ステフィン・カリーが28得点5リバウンド5アシストを挙げ、ウォリアーズが96−82でトンプソンの復帰戦を勝利で飾った。

 メンフィス・グリズリーズはロサンゼルス・レイカーズと敵地で対戦。大差をつけて最終クォーターを迎えたグリズリーズは、レイカーズに21−0のランを作られ、試合終盤に猛追を受けるも、127−119で勝利した。グリズリーズは、デズモンド・ベインが23得点、ジャレン・ジャクソンJr.が21得点12リバウンド6ブロックをマークし、9連勝とした。一方のレイカーズは、レブロン・ジェームズが35得点9リバウンド7アシストを挙げるも、連勝が「4」でストップとなった。

 そのほかの試合結果は以下の通り。

■試合結果 ※左側がホームチーム
ブルックリン・ネッツ 121−119 サンアントニオ・スパーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ 106−93 アトランタ・ホークス
オーランド・マジック 100−102 ワシントン・ウィザーズ
トロント・ラプターズ 105−101 ニューオーリンズ・ペリカンズ
ヒューストン・ロケッツ 123−141 ミネソタ・ティンバーウルブズ
オクラホマシティ・サンダー 95−99 デンバー・ナゲッツ
ダラス・マーベリックス 113−99 シカゴ・ブルズ
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 96−82 クリーブランド・キャバリアーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ 103−88 サクラメント・キングス
ロサンゼルス・レイカーズ 119−127 メンフィス・グリズリーズ

【動画】復帰を果たしたスーパーシューター! クレイ・トンプソンのハイライト