1月11日(現地時間10日)、NBAでは各地で7試合が行われた。

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズはアウェーでヒューストン・ロケッツと対戦。ジョエル・エンビードの31得点の活躍もあり、各クォーターで優位に立ったシクサーズが111−91で勝利。連勝を「7」に伸ばした。

 ボストン・セルティックスはインディアナ・ペイサーズをホームに迎えた。48分では決着がつかなかったこの一戦だが、オーバータイムではセルティックスが優位をキープ。ジェイソン・テイタムらが果敢に攻めてリードを作り、相手を振り切ってタイムアップ。101−98で勝利を収めた。

 デトロイト・ピストンズはユタ・ジャズと対戦。前半は相手にリードを許したピストンズだが、第3クォーターにケイド・カニングハムが17得点を挙げて逆転に成功。ルーキーが大車輪の活躍を見せたピストンズが126−116で2連勝となった。

 シャーロット・ホーネッツは9日(現地時間8日)にも戦ったミルウォーキー・バックスとの再戦に臨んだ。試合を通して互角な展開となったが、試合終盤のクラッチタイムにラメロ・ボールが決勝点となるフローターを決め、試合終了。103−99でバックス相手に2連勝を収めた。

 そのほかの試合結果は以下の通り。

■試合結果 ※左側がホームチーム
ポートランド・トレイルブレイザーズ 114−108 ブルックリン・ネッツ
サクラメント・キングス 108−109 クリーブランド・キャバリアーズ
シャーロット・ホーネッツ 103−99 ミルウォーキー・バックス
デトロイト・ピストンズ 126−116 ユタ・ジャズ
ボストン・セルティックス 101−96 インディアナ・ペイサーズ
ニューヨーク・ニックス 111−96 サンアントニオ・スパーズ
ヒューストン・ロケッツ 91−111 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ