現在フリーエージェントのジャリル・オカフォーが、中国プロバスケットボールリーグ(CBA)の浙江ライオンズと契約を結ぶようだ。『Sportando』などが報じている。

 アメリカ出身でナイジェリア国籍を持つ同選手は、208センチ122キロのビッグマン。2015年のドラフトで、フィラデルフィア・セブンティシクサーズから1巡目全体3位指名を受けて入団。1年目は53試合の出場で平均17.5得点7.0リバウンドを挙げ、オールルーキーファーストチームへ選出された。

 2017−18シーズン途中までシクサーズに所属した同選手は、その後ブルックリン・ネッツ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、デトロイト・ピストンズでプレー。昨年9月にピストンズからウェイブ(解雇)され、直後にアトランタ・ホークスと契約したが、今シーズン開幕前に放出されていた。

 NBA通算6シーズンで247試合に出場し、平均10.4得点4.7リバウンドを記録しているオカフォー。NBAチームからの契約を得ることができず、自身初となる海外でのプレーを選択する形となった。