1月14日(現地時間13日、日付は以下同)。NBAは2月にオハイオ州クリーブランドで開催されるNBAオールスターゲーム2022のファン投票途中経過第二弾を発表した。

 全体トップはゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーで446万3426票。続いて2位はロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズで438万6392票。前回は両選手間で56万票以上もの差があったのだが、この1週間で約8万票まで縮まっている。

 ここからは、ファン投票の途中経過第二弾でイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスのガード部門とフロントコート部門でそれぞれトップ5に入った選手たちを紹介していこう。

 初のオールスター入りを目指すアンドリュー・ウィギンズ(ウォリアーズ)がポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)を抜いてウェストのフロントコート部門3位に浮上。イーストではブルックリン・ネッツのケビン・デュラントが408万8334票でトップに立ち、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが380万8458票で猛追している。

 なお、ファン投票の途中経過第三弾は1月21日に発表予定で、23日にファン投票期間が終了となる。
※チーム名は略称、↑=前週からアップ、→=順位変わらず、↓=前週からダウン

◆NBAオールスター2022 ファン投票途中経過第二弾

■イースタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.デマー・デローザン(ブルズ/→):297万3854票
2.トレイ・ヤング(ホークス/↑):159万6301票
3.ザック・ラヴィーン(ブルズ/↑):144万2571票
4.ジェームズ・ハーデン(ネッツ/↓):143万3217票
5.ラメロ・ボール(ホーネッツ/→):69万4446票

【フロントコート部門】
1.ケビン・デュラント(ネッツ/→):408万8334票
2.ヤニス・アデトクンボ(バックス/→):380万8458票
3.ジョエル・エンビード(シクサーズ/→):235万7404票
4.ジェイソン・テイタム(セルティックス/→):115万5591票
5.ジミー・バトラー(ヒート/→):97万8889票

■ウェスタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.ステフィン・カリー(ウォリアーズ/→):446万3426票
2.ジャ・モラント(グリズリーズ/↑):163万3313票
3.ルカ・ドンチッチ(マブス/↓):141万605票
4.クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/→):74万9038票
5.デビン・ブッカー(サンズ/→):64万8317票

【フロントコート部門】
1.レブロン・ジェームズ(レイカーズ/→):438万6392票
2.ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/→):301万6380票
3.アンドリュー・ウィギンズ(ウォリアーズ/↑):182万9733票
4.ポール・ジョージ(クリッパーズ/↓):177万3447票
5.アンソニー・デイビス(レイカーズ/↑):134万2294票

【動画】2018年のオールスターでMVPに輝いたレブロンのハイライト!