1月21日(現地時間20日、日付は以下同)。NBAは2月にオハイオ州クリーブランドで開催されるNBAオールスターゲーム2022のファン投票途中経過第三弾を発表した。

 今回の結果で、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが682万7449票へと伸ばして全体トップに浮上。2018年のオールスター以降、各カンファレンスでファン投票トップに立った選手がキャプテンとなり、スターター枠、リザーブ枠に入った選手たちを交互にドラフト指名してオリジナルチームを形成しているのだが、レブロンがこのまま首位で終えれば、5年連続でキャプテンを務めることとなる。

 ここからは、ファン投票の途中経過第三弾でイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスのガード部門とフロントコート部門でそれぞれトップ5に入った選手たちを紹介していこう。このファン投票は23日に終了。28日に今年のオールスターのスターター陣、そして各カンファレンスでファン投票のトップに立った選手がキャプテンとして発表される予定だ。
※チーム名は略称、↑=前週からアップ、→=順位変わらず、↓=前週からダウン

◆NBAオールスター2022 ファン投票途中経過第三弾

■イースタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.デマー・デローザン(ブルズ/→):412万1034票
2.トレイ・ヤング(ホークス/→):214万7111票
3.ザック・ラヴィーン(ブルズ/→):198万8452票
4.ジェームズ・ハーデン(ネッツ/→):196万2928票
5.ラメロ・ボール(ホーネッツ/→):95万8717票

【フロントコート部門】
1.ケビン・デュラント(ネッツ/→):549万6513票
2.ヤニス・アデトクンボ(バックス/→):512万4925票
3.ジョエル・エンビード(シクサーズ/→):330万5229票
4.ジェイソン・テイタム(セルティックス/→):158万22票
5.ジミー・バトラー(ヒート/→):138万4267票

■ウェスタン・カンファレンス
【ガード部門】
1.ステフィン・カリー(ウォリアーズ/→):601万9418票
2.ジャ・モラント(グリズリーズ/→):262万3359票
3.ルカ・ドンチッチ(マブス/→):192万3187票
4.クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/→):124万781票
5.デビン・ブッカー(サンズ/→):86万7222票

【フロントコート部門】
1.レブロン・ジェームズ(レイカーズ/→):682万7449票
2.ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/→):413万2522票
3.アンドリュー・ウィギンズ(ウォリアーズ/→):264万4571票
4.ポール・ジョージ(クリッパーズ/→):231万2248票
5.アンソニー・デイビス(レイカーズ/→):207万1920票

【動画】レブロンのキャリアクラッチプレー集!