大阪エヴェッサに所属するディージェイ・ニュービルが、1月22日に行われたアルバルク東京戦で今シーズン最多タイとなる7本の3ポイントシュートを成功させた。

 ニュービルはA東京戦で11本の3ポイントを放つと、今シーズン最多タイ記録となる7本をヒット。試合には敗れたものの、34得点2リバウンド5アシスト1スティールを挙げてチームをけん引した。

 アメリカ出身で現在29歳の同選手は、193センチ95キロのポイントガード兼シューティングガード。フランスやオーストラリアなどを経て、2020年に大阪へ加入した。今シーズンはここまで28試合に出場し、648得点(平均23.1得点)145リバウンド(同5.2リバウンド)132アシスト(同4.7アシスト)をマーク。持ち前のオフェンス力を発揮し、今シーズンの得点ランキングでは首位を走っている。

【動画】A東京vs大阪 ニュービルが躍動した第1戦のハイライト!