1月24日(現地時間23日、日付は以下同)、NBAのレギュラーシーズン11試合が各地で行われた。

 八村塁が所属するワシントン・ウィザーズはボストン・セルティックスとホームで対戦。ジェイソン・テイタムに51得点10リバウンド7アシストと驚異的なパフォーマンスを発揮され、ウィザーズは87−116で大敗を喫した。八村は約19分間の出場で、1本の3ポイントを含む7得点7リバウンド2アシスト1スティールをマークした。

 マイアミ・ヒートはロサンゼルス・レイカーズとホームで対戦。レブロン・ジェームズに33得点11リバウンド、ラッセル・ウェストブルックに24得点9リバウンド9アシストと活躍を許したヒートだったが、第3クォーター終了時点で19点ものリードを奪い、113−107で勝利した。ダンカン・ロビンソンが6本の3ポイントを含む25得点、ジミー・バトラーが20得点10リバウンド12アシストを挙げた。

 渡邊雄太が所属するトロント・ラプターズはポートランド・トレイルブレイザーズとホームで対戦。30点のビハインドを背負って試合を折り返したラプターズは、後半に猛追を仕掛ける。試合終盤に一時4点差まで詰め寄るが、最後は105−114でブレイザーズに敗れた。渡邊は前半終了間際に1分49秒間出場した。

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズはサンアントニオ・スパーズと敵地で対戦。好調を維持するジェエル・エンビードが38得点12リバウンド6アシストと躍動し、115−109でスパーズに勝利を飾った。

 ダラス・マーベリックスはメンフィス・グリズリーズとホームで対戦。グリズリーズのジャ・モラントに35得点13リバウンド6アシストをマークされるも、ルカ・ドンチッチが37得点11リバウンド9アシスト3スティールと活躍し、マブスが104−91で若手エースガード対決を制した。

 ミネソタ・ティンバーウルブズはブルックリン・ネッツとホームで対戦した。ネッツのカイリー・アービングに30得点、ジェームズ・ハーデンに13得点13アシストを挙げられたが、ウルブズはアンソニー・エドワーズが25得点、ディアンジェロ・ラッセルが23得点10アシスト、カール・アンソニー・タウンズが23得点7リバウンドをマーク。136−125でウルブズがハイスコアリングゲームを勝利で終えた。

 そのほかの試合結果は以下の通り。

■試合結果 ※左側がホームチーム
ニューヨーク・ニックス 110−102 ロサンゼルス・クリッパーズ
ワシントン・ウィザーズ 87−116 ボストン・セルティックス
マイアミ・ヒート 113−107 ロサンゼルス・レイカーズ
オーランド・マジック 114−95 シカゴ・ブルズ
トロント・ラプターズ 105−114 ポートランド・トレイルブレイザーズ
シャーロット・ホーネッツ 91−113 アトランタ・ホークス
サンアントニオ・スパーズ 109−115 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
ダラス・マーベリックス 104−91 メンフィス・グリズリーズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ 136−125 ブルックリン・ネッツ
デンバー・ナゲッツ 117−111 デトロイト・ピストンズ
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 94−92 ユタ・ジャズ

【動画】モラントとの対決を制したドンチッチのハイライト!