1月25日(現地時間24日、日付は以下同)。NBAは今季第14週の週間最優秀選手(プレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク)を発表した。

 選考期間は18日から24日までで、イースタン・カンファレンスからはアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング(今季2度目/通算5度目)、ウェスタン・カンファレンスではデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(今季初/通算10度目)が選ばれた。

 ヤングは期間中にイースト3位の平均31.3得点に同3位タイとなる9.0アシストを残してホークスを4戦無敗へと導く殊勲者に。3ポイント成功率47.6パーセント、フリースロー成功率91.1パーセントもお見事。

 一方のヨキッチは、期間中に平均36.3得点11.3リバウンド10.0アシストの“週間平均トリプルダブル”に加えて2.3スティール、フィールドゴール成功率65.0パーセント、3ポイント成功率40.0パーセントをマークし、ナゲッツは大黒柱の大活躍もあって2勝1敗で乗り切っている。

【動画】今季14週目のトップ20プレー集!