4月24日(現地時間23日)にNBAプレーオフ1回戦が行われ、イースタン・カンファレンス第5シードのトロント・ラプターズが同第4シードのフィラデルフィア・セブンティシクサーズをホームで迎え撃った。

 最初のクォーターはお互いゆったりとした立ち上がり。ラプターズはパスカル・シアカムやフレッド・バンブリートにボールを集め得点を重ねていく。続く第2クォーターはラプターズの攻撃が勢いに乗り、一時は2ケタのリードを得る場面も。その後はややシクサーズに詰められるが、54−49とラプターズが先行して前半を終える。

 第3クォーターは互角の展開となるが、中盤ではOG・アヌノビーがジョエル・エンビードからアンドワンを獲得するビッグプレーを披露。終盤にかけてラプターズがペースをつかみ、試合時間残り約4分にはアヌノビーの3ポイントシュートで99−87と勝利に近づく。最後まで攻防の手を抜かず、ラプターズが110−102で今シリーズ1本目を取得した。

 白星のラプターズはシアカムが34得点8リバウンド5アシスト、ギャリー・トレントJr.が24得点3リバウンド、サディアス・ヤングが13得点5リバウンド5アシストを記録。渡邊雄太もラストの約1分に出場し、油断のないディフェンスを見せた。

 4連勝を逃したシクサーズは、エンビードが21得点8リバウンド3アシスト、ジェームズ・ハーデンが22得点5リバウンド9アシスト、トバイアス・ハリスが15得点11リバウンドをマーク。次戦はホームでの試合となるだけに、なんとしても勝利を飾りたいところだ。

■試合結果
トロント・ラプターズ 110−102 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
TOR|24|30|26|30|=110
PHI|24|25|28|25|=102

【動画】シアカムが第4クォーターで見せた華麗なプレー!