■秋田ノーザンハピネッツ vs 茨城ロボッツ(@CNAアリーナ☆あきた)
4月27日19時5分

 初のチャンピオンシップ出場へ向け足踏みが続く秋田ノーザンハピネッツ。その間、ポストシーズンの出場枠は7つが埋まり、残すは秋田が目指すワイルドカード2位枠のみとなった。

 宇都宮ブレックスとの前節初戦は勝負どころで差がつき、試合を通してのターンオーバーも宇都宮の「8」に対し「15」を数えた。第2戦では第4クォーターに明暗が別れ、3−21と急失速。相手の鉄壁を前に、試合残り8分44秒から無得点に封じ込まれてしまった。

 4月は上位チームとの対戦が続いたが、今後は地区下位チームとの対戦。この点においては前向きに捉えるべきであり、ここから挽回してCS進出の望みをつなぎたい。今節の対戦相手は、今シーズン3戦負けなしと相性の良い茨城ロボッツ。武器である激しいディフェンスを披露することはもちろん、攻撃では日本人選手が得点を伸ばして連敗脱出を図りたい。

 茨城は前節、レバンガ北海道を相手にアウェーで連敗。初戦ではリバウンド本数で60対37と大きく差をつけられ、翌日の第2戦は5点ビハインドの試合終了残り1分15秒に痛恨の3ポイントシュートを浴びて77−84で敗れた。

 茨城はケガ人が相次ぎ、前節の第2戦では7名での戦いを強いられた。しかし、平尾充庸を中心に最後まで戦う姿勢を示すなどチームは前を向いている状況だ。秋田戦でも一人ひとりが持てる力を振り絞り、爆発力のある平尾と福澤晃平がけん引役となって勝利を目指す。

 文=小沼克年

■ロスター
・秋田(HC:前田顕蔵)
王偉嘉
大浦颯太
田口成浩
ジョーダン・グリン
アレックス・デイビス
川嶋勇人
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
カディーム・コールビー ※インジュアリーリスト
コルトン・アイバーソン
古川孝敏

・茨城(HC:リチャード・グレスマン)
遥天翼
福澤晃平
多嶋朝飛
チェハーレス・タプスコット
中村功平
髙橋祐二
エリック・ジェイコブセン
ハビエル・ゴメス・デ・リアニョ
平尾充庸
鶴巻啓太
谷口大智