4月27日、3人制バスケットボール「3×3」のプロチームTOKYO DIMEは藤髙宗一郎と2022シーズンの契約基本合意を発表した。

 奈良県出身の藤髙は現在30歳で、190センチ90キロの体格を誇る。関西大学から日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)に加入して5人制のキャリアをスタートさせ、現在はバンビシャス奈良に所属。2018年からは3x3に本格参戦し、2021シーズンはOSAKA DIMEの一員としてプレーしていた。

 藤髙は今回の発表に際し、チームの公式HPで「TOKYO DIMEという伝統あるチームでプレー出来ることを本当にうれしく思います。今まで先輩方が積み上げてきた物をしっかりと引き継ぎ、新しい風を吹き込んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

 また、チームは以下のような紹介文で藤髙の加入を歓迎している。

「国内3×3界屈指のダンカーがTOKYO DIMEに加入することが決定しました! 昨季はOSAKA DIMEとして会場を沸かせ続けた華のあるプレーで観客を魅了します! 日本代表候補にも残ったオフェンス力と経験値で、チームを日本一に導くために気合十分の藤髙選手に熱いご声援を宜しくお願いします!」

【動画】3x3で見せた藤髙の華麗なプレー!