4月30日に松江市総合体育館でB1リーグ第35節第2戦が行われ、島根スサノオマジックが滋賀レイクスターズと対戦した。

 前半で3点のビハインドを背負ったが、ペリン・ビュフォードが16得点を挙げた第3クォーターで73−67と逆転に成功。最終クォーターでも29−12と圧倒し、102−79で3連勝を飾った。

 ビュフォードが25得点10リバウンド8アシストの大活躍を見せたほか、安藤誓哉が14得点、ニック・ケイが13得点、白濱僚祐とリード・トラビスがともに11得点をマークした。

【動画】ビュフォード 高いスキルを披露