4月30日(現地時間29日、日付は以下同)。メンフィス・グリズリーズがミネソタ・ティンバーウルブズを114−106で下し、4勝2敗でプレーオフ ファーストラウンドを突破した。

 これにより、17日から幕を開けたプレーオフはファーストラウンド全8カードが終了し、カンファレンス・セミファイナルの対戦カードが決定した。

 イースタン・カンファレンスではマイアミ・ヒート(第1シード)とフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(第4シード)、ボストン・セルティックス(第2シード)とミルウォーキー・バックス(第3シード)が激突。

 ウェスタン・カンファレンスではフェニックス・サンズ(第1シード)とダラス・マーベリックス(第4シード)、グリズリーズ(第2シード)とゴールデンステイト・ウォリアーズ(第3シード)が競い合うこととなる。

 今年のプレーオフは、ここまで両カンファレンスとも上位シードのチームが勝ち上がった。ここからは5月2日にセルティックス×バックス、グリズリーズ×ウォリアーズ、同3日にヒート×シクサーズ、サンズ×マーベリックスのシリーズ初戦がスタートする。

 はたして、4戦先勝してカンファレンス・ファイナルへと駒を進めるのはどのチームとなるのか。プレーオフのセカンドラウンドも、激戦続きの好シリーズになることを期待したい。

【動画】今季レギュラーシーズンのベストハッスルプレー集!