5月7日(現地時間6日)にウェルズ・ファーゴ・センターでNBAプレーオフ2022のイースタン・カンファレンス・セミファイナルが行われ、イースタン・カンファレンス第4シードのフィラデルフィア・セブンティシクサーズが同1シードのマイアミ・ヒートと対戦した。

 前半を終えて41−34とロースコアの展開となった中、3点リードで最後の12分間に突入。相手をわずか14得点に抑えると、タイリース・マクシーの3ポイントシュート、復帰したジョエル・エンビードの”3点プレー”などで相手を突き放し、99−79でシリーズ初勝利を収めた。

 シクサーズはダニー・グリーンが7本の3ポイントで21得点、マクシーが5本の3ポイントなどで21得点を挙げたほか、エンビードが18得点11リバウンド、ジェームズ・ハーデンが17得点8リバウンド6アシスト、トバイアス・ハリスが9得点10リバウンド8アシスト2ステールと、先発5人が躍動。一方、3連勝を逃したヒートはジミー・バトラーが33得点と気を吐いたものの、2ケタ得点は2人にとどまり、復帰したカイル・ラウリーは無得点に終わった。

■試合結果
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 99−79 マイアミ・ヒート
PHI|21|20|27|31|=99
MIA|17|17|31|14|=79

【動画】エンビードが復帰戦で豪快ダンク