福島ファイヤーボンズは18日、森山知広ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチとの契約が6月30日をもって満了すると発表した。

 福岡県出身の同氏は現在38歳。2013年に大阪エヴェッサのアシスタントコーチ兼マネージャーに就任し、島根スサノオマジックとライジングゼファー福岡を経て2016年に福島の指揮官に就いた。今シーズンは34勝18敗で東地区3位となり、チーム史上初のB2プレーオフ進出へ導いたが、クォーターファイナルで仙台89ERSに敗れていた。

 森山氏は退任にあたり、クラブを通じて「Bリーグ初年度からお世話になり、苦しい時期も皆様の思いに支えられ、6シーズンもの間HCを続けることができました。福島ファイヤーボンズに関わるすべての人に感謝します。ありがとうございました」とコメントした。

 なお、福島は来シーズンの体制について決定次第発表するとしている。