5月19日(現地時間18日)にチェイス・センターでNBAプレーオフ2022のウェスタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズが同第4シードのダラス・マーベリックスと対戦した。

 ウォリアーズは第1クォーター残り2分7秒からアンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ステフィン・カリーの連続得点で28−18とリード。リードを守った第2クォーターを終えると、第3クォーターにクレイ・トンプソンを中心に34得点を積み上げ、88−69と点差を広げた。

 開始から10−0のランに成功した第4クォーターでも相手を寄せつけず、112−87で第1戦を制した。

 ウォリアーズはカリーが21得点12リバウンドの活躍を見せたほか、ウィギンズとプールがともに19得点、トンプソンが15得点、ケボン・ルーニー、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.の3人が10得点をマーク。一方のマブスはルカ・ドンチッチが20得点に抑えられ、敵地で敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 112−87 ダラス・マーベリックス
GSW|28|26|34|24|=112
DAL|18|27|24|18|=87

【動画】3ポイントシュート決めて“ノリノリ”のステフィン・カリー