レバンガ北海道は20日、デモン・ブルックスとの契約継続を発表した。

 アメリカ出身で現在29歳の同選手は、202センチ103キロのパワーフォワードで、琉球ゴールデンキングスや島根スサノオマジックを経て2021年に北海道へ加入。在籍初年度の今シーズンは48試合の出場で850得点(平均17.7得点)333リバウンド(同6.9リバウンド)をマークしたが、シーズン終盤に前十字靭帯損傷という全治未定の大ケガを負った。

 ブルックスは発表にあたり、クラブを通じて以下のとおりコメントした。

「新シーズンもレバンガ北海道でプレーできることに、この上なく心を躍らせています。

 この街の皆さまから、私と妻は家族のように接していただきました。ここ北海道で歴史を作っていきたいと思っています。

 このチームで、ここから多くのことを積み重ねていき、レバンガ北海道がチャンピオンシップに進出できるよう貢献したいです」