大阪エヴェッサは5月25日、エリエット・ドンリーと2022−23シーズンの選手契約が基本合意に達したことを発表した。

 198センチ91キロの体格を誇るドンリーは、日本国籍を持つ25歳のスモールフォワード。2020−21シーズンに大阪へ加入すると、2021−22シーズンは43試合の先発を含む51試合に出場し、331得点(1試合平均6.5得点)145リバウンド(同2.8リバウンド)82アシスト(同1.6アシスト)を記録した。また、日本代表候補に選出された経験も持つ。

 同選手はクラブの公式HPを通じて「来シーズンも大阪エヴェッサでプレーすることをすごく楽しみに、ワクワクしています! 勝利のトラックへしっかりと戻り、チャンピオンシップ争いで戦えるチームを確立するため、僕たちは全員でこのオフシーズンの練習に精一杯取り組んでいきます。僕自身、3年目となるシーズンを迎え、ファンやブースターの皆さんとまたお会いできることを心待ちにしています! ありがとう!」とコメントした。