5月28日(現地時間27日、日付は以下同)。ロサンゼルス・レイカーズが新たなヘッドコーチ(HC)としてダービン・ハムを迎え入れたと『ESPN』が報じた。

 これにより、バックスは直近4シーズンでマイク・ブーデンホルザーHCの下でアシスタントコーチ(AC)を務めたハムを失うこととなった。

 バックスは2018−19、19−20シーズンにリーグトップの戦績でレギュラーシーズンを終え、ヤニス・アデトクンボが2シーズン連続でMVPを獲得。そして昨季、バックスは1971年以来フランチャイズ史上2度目のNBAチャンピオンへと上りつめた。

 するとアデトクンボはハムACのレイカーズHC就任について「彼のことを思うとうれしいよ。彼ならあのチームにうまくフィットするさ。自分自身を見失わないでほしいね。別に悪くは思ってない。すごいことになったね。彼は誰よりも(HC就任が)ふさわしい」と『ESPN』へコメント。

 今季バックスはカンファレンス・セミファイナル第7戦でボストン・セルティックスに敗れてプレーオフから姿を消した。だがアデトクンボ、ドリュー・ホリデー、そして今プレーオフでケガのため戦線離脱したクリス・ミドルトンが健在な限り、このチームは来季以降も覇権争いへ絡んでくるに違いない。