6月3日、Bリーグはオンラインで「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021−22」を開催。『ベスト6thマン』には千葉ジェッツのクリストファー・スミスが選出された。

 アメリカ出身で現在28歳の同選手は、193センチ95キロのシューティングガード兼スモールフォワード。2017年にフランスでプロデビューし、ベルギーやポーランドなどを経て2021年に千葉へ入団した。在籍初年度の今シーズンは、6試合の先発を含む44試合の出場で717得点(平均16.3得点)174リバウンド(同4.0リバウンド)126アシスト(同2.9アシスト)、3ポイントシュート成功率40.2パーセントを記録した。

 受賞に際し、スミスは以下のようにコメントしている。

「このような賞を貰えて光栄に思いますし、私がこの賞を頂けたのはチームメート、スタッフ、コーチ陣の皆さん、スポンサーの皆さん、ファンの皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございます」

【動画】29得点とキャリアハイの活躍! スミスのハイライト