信州ブレイブウォリアーズは6日、岡田侑大との契約継続を発表した。

 京都府出身で現在23歳の同選手は、189センチ80キロのポイントガード兼シューティングガード。2018年にシーホース三河へ加入し、富山グラウジーズを経て2021年に信州へ入団した。在籍初年度の今シーズンは、42試合の出場で580得点(平均13.8得点)119アシスト(同2.8アシスト)を記録した。

 また、日本代表としても活躍しており、「FIBA バスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選 Window1」に出場した。

 岡田は発表にあたり、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「昨シーズンはとても悔しい結果に終わりました。来シーズンは1日1日を大切にしてファン・ブースターの皆様とともにCS出場、そして頂点を目指したいと思います。長野県でバスケットボールがもっと人気スポーツになるよう努力していきたいです。引き続き Brave Warriors の応援を宜しくお願いします!」