大阪エヴェッサは6日、鈴木達也と2022−23シーズンの契約が基本合意に達したと発表した。背番号は「35」に決定している。

 東京都出身で現在31歳の同選手は、169センチ69キロのポイントガード。2013年に拓殖大学からバンビシャス奈良へ入団し、三遠ネオフェニックスを経て2021年に京都ハンナリーズへ加入した。今シーズンは53試合の出場で372得点(平均7.0得点)291アシスト(同5.5アシスト)をマークした。

 鈴木は京都退団にあたり、クラブを通じて「1シーズンありがとうございました。バスケットボールって楽しい、そう思ってもらえるようにアグレッシブに闘ってきたシーズンでした。そんなプレーがハンナリーズブースターの記憶に残ればうれしいです」とコメント。

 また、大阪のクラブ公式HPで「歴史あるチームで、才能溢れる選手達とプレーできることが非常に楽しみです。アイラ・ブラウン選手にも負けないような、キレキレな身体に仕上げていきますので、よろしくお願いします!」と語った。