6月9日(現地時間8日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第3戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 ホームに戻ったセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーがスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはセルティックスのペース。開始約3分で12−4と好発進に成功すると、ブラウンを中心に得点を重ねていき、33−22とリードを11点に広げた。

 ウォリアーズは第1クォーターでカリーが2つのファウルを数えた中、第2クォーター残り5分8秒からトンプソン、ウィギンズ、カリーの連続得点で0−10のラン。両チームが点を取り合って、68−56で前半を折り返した。

 カリーに加えてグリーンのファウルもかさんだが、カリー、トンプソン、オットー・ポーターJr.が3ポイントシュートを炸裂。ウォリアーズが第3クォーター残り3分45秒に試合をひっくり返した。それでも、セルティックスは直後にスマートの3ポイントでリードを奪い返すと、同49秒にグラント・ウィリアムズが3ポイントを成功。93−89で勝負の第4クォーターを迎えた。

 第4クォーターはターンオーバーが増え、グリーンがファウルアウトしたウォリアーズに対し、セルティックスはウィリアムズ三世がゴール下で存在感を見せれば、エースのテイタムが勝負強さを発揮。試合終了残り2分19秒に114−100と点差を14点にまで広げ、最終スコア116−100でシリーズ2勝目を挙げた。

 セルティックスはテイタムが26得点6リバウンド9アシスト、ブラウンが27得点9リバウンド5アシスト、スマートが24得点7リバウンド5アシストの大活躍を見せた。

■試合結果
ボストン・セルティックス 116−100 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS|33|35|25|23|=116
GSW|22|34|33|11|=100

【動画】TDガーデンを沸かせた豪快アリウープ